Page Top

GRADE 関連リンク集


GRADE(Grading of Recommendations Assessment, Development and Evaluation)は、診療ガイドライン作成における、エビデンスの評価、推奨作成に関するアプローチです。近年、多くの診療ガイドライン作成において採用されています。ここでは、診療ガイドライン作成者向けに、GRADEアプローチに関連したリンクを紹介します。


※ 本ページで紹介している情報は診療ガイドライン作成者向けの参考情報です。
内容についてご不明な点等ございましたら作成者にお問い合わせください。


GRADE working groupは、GRADEアプローチを開発・提供している、任意の個人から成る国際的なワーキンググループです。ここではGRADEアプローチに関する様々な情報が集約されています。


GRADE Handbookは、GRADEアプローチで実施する過程について紹介しています。


GRADEアプローチを採用したとするための6つの基準が紹介されています。


GRADEアプローチに基づいて、Summary of Findings、医療技術評価、診療ガイドラインを作成するソフトウェアです。ウェブ上で診療ガイドラインの作成、編集が可能です。


・ GRADE Series in Journal of Clinical Epidemiology
Journal of Clinical Epidemiology誌上で、GRADEアプローチについて、トピックごとに紹介しています。現在、次のような論文があります。


・ Evidence to Decision (EtD) Frameworks
DECIDE
EtDフレームワークを作成したDECIDEグループのホームページ
Evidence to Decision (EtD) frameworks Guidance
EtDフレームワークの利用方法をまとめたガイダンス。


・ 日本語で読めるGRADE関連資料
相原守夫.『診療ガイドラインのためのGRADEシステム 第2版』凸版メディア.2015.
豊島義博・南郷里奈・蓮池聡編集.『学び直しEBM GRADEアプローチ時代の臨床論文の読み方
クインテッセンス出版.2015.

(公開日:2016年9月23日)
(修正日:2016年12月6日)